膀胱浸潤S状結腸癌に対するS状結腸切除、
膀胱合併切除及び膀胱再建術

要町病院付属消化器がんセンター
元、癌研究会附属病院消化器外科
太田博俊
高橋 孝、関 誠、福井 巌、二宮康郎

S状結腸がんが壁外進展し、隣接臓器の膀胱に癒着浸潤している症例に対して、S状結腸切除し、膀胱浸潤部を合併切除し、膀胱再建でき、機能温存できましたのでその術式を供覧します。
症例は52歳男性、注腸レントゲンでS状結腸に全周性の癌を認め、CT、MRI、膀胱鏡で膀胱頂部への浸潤を確認しました。下腹部正中切開で開腹し、肝転移、腹膜播種がないのを確認し、洗浄細胞診を提出しました。小腸を腹膜バックに収納し、術野を展開します。癌が膀胱頂部に癒着浸潤しているのを確認しました。S状結腸間膜の左右で間膜切開をし、下腹神経を温存しつつIMA根部を郭清し、左結腸動脈を分枝した末梢で、上直腸動脈を結紮切除します。左右の尿管を露出しテーピングします。口側腸管をリニアカッターで切離します。下腹神経にはテーピングしておきます。総腸骨動脈沿線のリンパ節を郭清し、交叉して下降する左右の尿管を結紮切離し、尿管断端よりアトムチューブを腎盂まで挿入し尿を体外に誘導します。分岐部のリンパ節を郭清し、結腸癌が浸潤している膀胱頂部をフリーマージンをとりながら膀胱部分合併切除をします。切離予定部の肛側腸管を全周に剥離し、巾着縫合器をかけ切除し、結腸及び膀胱部分を一塊に切除しました。再建は自動吻合器で吻合を行うため口側腸管にアンビルヘッドを装着し、肛門より吻合器を挿入し端端吻合しました。
つぎに、膀胱再建に移ります。回腸終末部より10cmで回腸を切離し、両端を5cm余して、12cmの長さにZ型に縫合固定し、間膜対側で腸管を切開します(作図挿入)隣接腸管同士を全層縫合し、カップパッチを作成します。左右の尿管を左右それぞれに余した腸管に移植するため小切開を加え、挿入したアトム管を切開口よりカップパッチの方に誘導します。次いで、残存膀胱と回腸で作成したカップパッチを吸収糸を用い、ギャンビー法で一層全層縫合していきます。尿管に留置したチューブは、温存した膀胱の前壁で出し、恥骨上に皮膚瘻として出し、抜けないように固定し吻合が治癒するまで留置します。切り離された回腸はファンクショナル吻合で再建します。膀胱再建術の完成です。(完成図)摘出標本です。癌は膀胱粘膜まで浸潤していましたが、膀胱三角が温存できましたので膀胱再建が出来ました。


膀胱合併切除及び膀胱再建術 シェーマ1





 

Copyright (C)2000-2015 GRAFFITI MEDICAL Corporation. All Rights Reserved.