グラフィティ MEDICALは手術映像・医学領域の映像制作会社です

映像メディアは、医学・医療分野においても利用度は非常に高く、手術手技を映像で伝えることは医学学会発表の場ではビデオセッション、PowerPointを使用した動画などで有効に用いられています。ストリーミング動画も普通に見られるようになってきました。

手術分野におけるビデオ制作は撮影から編集に至るまでの技術力はもちろんですが、手術症例などの撮影・編集は特に経験が必要とされます。

ひとすじに手術映像を究める

手術撮影では術者からの視線の映像を撮影するように心掛け、編集は実際に何時間もかかる手術を効果的に術者の意図を分かりやすく相手に伝えることを心掛けて手術手技映像の制作をしています。

無影灯内蔵式カメラや、付属アームに取付けられたカメラもありますが、希望する画角で術野を捉えることは出来ても、実際に手術操作が始まってしまうと術者の動きで重要な場面では頭とか手が入ってしまうことがあり、どうしても単調な映像になってしまいます。

撮影者は常に術者の視点を意識した撮影を心がけています。医学学会総会での発表などのビデオセッションで発表される映像を多数、永年にわたって制作させていただいております。

手術分野で活かす永年培った経験と技術力

弊社は、いち早くベータカムでの手術撮影を取り入れ、ハイビジョンカメラでの撮影を2008年より導入しました。グラフィティは、様々な分野で永年多数の映像制作に携わってきました。

その経験を生かして医学専門の映像制作会社として、大学病院を初め、各医療施設での手術撮影・手術映像編集・医学学会映像の制作をしております。長年の経験と最先端技術力を駆使し、手術ビデオ・手術手技ビデオ・医学ビデオなど価値ある作品制作のお手伝いが出来ると自負しています。

最新スタジオ設備で、各種アナログ変換・CG・デジタル画像処理・編集・ナレーション収録・DVDオーサリング、ストリーミング動画など、多様な作業を一貫して最高のクオリティーで効率良く行うことができます。

パワーポイントなどで使用する動画の編集も迅速に制作できます。腹腔鏡、ダヴィンチの手術映像もDVD、カード等のデータでお送りいただければオフ編集、本編集を致します。

編集した映像をサーバ経由でダウンロードして、PC上でご確認が出来ます。時間が限られている場合は院内にてその場で編集し完成することも可能です。手術撮影、手術映像制作のことならグラフィティにご相談下さい。

「手術DVD」等制作のご案内

企画・撮影・編集まで柔軟に対応させていただきますのでご相談ください。
希望する医療施設での撮影も承っております。

多数の制作実績がありますが弊社のプライバシーポリシーの観点から作品は一部を除き公開しておりません。
各領域の視聴したい映像症例がありましたらご相談ください。
お問い合わせは大歓迎です。